前へ
次へ

医療従事者が注意しなければいけないのが放射線

看護師や医師として働く時には、注意しなければいけないことが多くありますがその1つが放射線になります。医療機器の中にはレントゲン撮影出来る機器があります。これは放射線を使っているものであり、骨折個所を詳しく判断したり、腫瘍や結核などの診断にもよういられているものなのでかなり便利です。しかし、扱っているのが放射線なのでこの取り扱いには注意しなければいけないです。もし間違った使い方をすると放射能が漏れてしまう可能性があり、そうなるとかなりの被害を受ける事になります。当然、大きな問題となるので扱い方には注意して問題が起きないようにしなければいけないです。レントゲン撮影の知識と技術が豊富な職業には放射線技師が存在します。なるべく放射線技師を複数人雇って、適切にレントゲン撮影出来るように準備しておく事が大事です。医師もレントゲン撮影出来ますが他の仕事も多くあるので負担を軽減するためには放射線技師を雇う方が良いです。

Page Top